痩せない理由の質問です

ダイエットを始めて、運動したり食事制限したりしているのに体重が少しも減らない。
諦めるのはまだはやいです。一度自分の行動を見直してみましょう。
見直すことの質問です。
☆ 毎朝、体重を図っていますか?
朝起きたら体重計で体重をはかりましょう。
バラバラの時間に量るいつも朝一番に体重を量りましょう。
体重が増えていれば「少し食事を減らそう」とか「運動をちょっと頑張ろう」と
いう気持ちになります。
☆ 朝ご飯をきっちり食べていますか?
朝ご飯は、絶対に抜かないでください。朝ご飯を食べないとそのあとに摂取した糖分の
吸収量が増えてしまいます。
☆ 食べる順番は考えていますか?
ご飯の食べる順番で糖質の吸収をゆるやかにしてくれる働きがあるのです。
基本は1、野菜 2、肉、3、炭水化物、この順番で食べると脂肪の吸収を
ゆるやかにしてくれます。
☆ 飲み物に糖分は入っていませんか?
スムジーはダイエットに向いていると思われていますが、成分表示によると炭水化物(糖質)の
数値が割に高いのです。
ちょっとした、行動がダイエットにつながります。

痩せたい人のためのダイエット豆知識

ダイエットには効率よく痩せるための知識が必要です。
まずダイエットを始める前に知っていたほうがいいことがあります。
☆ 太るメカニズムのおさらいをしましょう。
一番大事なキーワードは「カロリー」です。カロリーというのは一般的に言えば食品に
含まれるエネルギー源のことです。
太る仕組みは食事によって摂取したエネルギーが有り余り脂肪となって
体につくという仕組みです。
☆ 痩せるにはどのように食事を摂ればいいのでしょうか?
食事を摂るタイミングは1日3回が原則です。
朝は、1日の食事の25%を摂りましょう。ダイエットを始めるなら絶対に
朝食を抜いてはいけません。
昼は、1日の食事の40%を摂りましょう。お昼ご飯は1日の中で一番カロリーの高い
食事を摂るのに最適な時間です。
間食は、10%以下にしましょう。ダイエットの期間中にどうしても食べたくなって
しまったら15時までに間食を食べましょう。この時間に間食を食べると晩御飯の食べ過ぎも
防ぐことができます。
夜は、1日の食事の25%を摂りましょう。晩御飯を食べてあとは寝るだけなので
食事はできるだけ抑えましょう。

正しいセルライトの撃退方法のご紹介

セルライトの正体をご存知でしょうか?
セルライトの正体は脂肪や老廃物の塊です。
女性にできやすくてお尻や太ももに現れ肌がオレンジの皮のように
でこぼこになってとても厄介ですね。
このセルライトができる一番の原因は代謝不良です。
代謝不良というのは新陳代謝とリンパ液の働きが2つそろって滞っている状態のことで
老廃物や水分がちゃんと排泄されないので体に残ってしまっている状態です。
セルライトを撃退するにはまず、生活を見直してください。
セルライトができてしまわない体質をつくりましょう。
☆ 適度な運動をしましょう
セルライトを除去するには適度な筋肉をつけることが大事です。
例えばハードな運動ではなくて軽いランニングやウォーキングでゆっくり
確実に筋肉をつけましょう。
☆ 塩分控えめの和食中心の食事を1日3回摂りましょう
バランスの良い食事を心がけ就寝の3時間前までに夜は食事を済ませると
脂肪がつきにくくなりセルライトの予防になります。
☆ 睡眠をしっかりとりましょう。
自律神経のバランスを崩す原因に睡眠不足やストレスがあります。
自律神経の乱れはセルライトをつくりやすくしてしまいます。
セルライトを除去する方法には半身浴、マッサージなどがあります。

寝る前に食べて”痩せる体質”を作ろう

寝る前に食べると寝ている間に”痩せ体質”を作ってくれるという
とても嬉しい魔法のような食材をご紹介します。
”痩せ体質”になれると聞いたら誰でも”痩せ体質に”なりたいですね。
”痩せ体質”になるには、習慣がとても大切なのです。
毎日食べる”食事”で体質を変えれることができます。
夜は寝る前に食事をすると太るといわれていますが、
寝ている間の体の働きとその食材が持っている効果の上手な組み合わせで、
太ることなく痩せやすい体質になるよう促してくれます。
☆ ヨーグルト
ヨーグルトの乳酸菌は、整腸作用があり夜にヨーグルトを食べると寝ている間に整腸作用が
高まって不要な老廃物を外に出す準備をしてくれます。
☆ はちみつ
はちみつを夜に食べると、肝臓に適度な糖質が蓄えられ肝臓の糖質が脳に成長ホルモンの分泌を
促してくれてその成長ホルモンには脂肪を燃焼する働きがあります。
☆ バナナ
バナナに含まれているアミノ酸には、成長ホルモンを活性化させる働きがあり成長ホルモンは
脂肪を燃焼させてくれるので、夜にバナナを食べるとはちみつを食べるのと同じ効果が
得られます。

食べて脂肪を燃やしちゃおう

食べるだけで脂肪が燃焼してしまう、そんな素晴らしい食べ物があるのを
知っていますか?
脂肪を燃焼させてくれる食べ物をご紹介しましょう。
☆ アサイー
アサイーは、「奇跡のフルーツ」と呼ばれビタミンやミネラル、カルシウムに食物繊維を
含んでいます。アミノ酸やポリフェノールなどダイエットにも美容にも効果的な栄養素も
たくさん含んでいます。
☆ アロエベラ
アオエベラには「アロエマンナン・サポイン・アロイン」という成分が
含まれ中性脂肪を減らしてくれます。
☆ カカオ
カカオには、ポリフェノールがたっぷり含まれいて
代謝をアップさせる働きがあります。
☆ チアシード
チアシードには食物繊維やビタミンそしてミネラル・カルシウムが
たくさん含まれています。中でも脂肪燃焼に効果を示すのが「αリノレン酸」で
内臓脂肪を減らす効果があります。
☆ ココナッツオイル
ココナッツオイル一番搾りの「バージンココナッツオイル」は
中鎖脂肪酸」という脂質でできていて中性脂肪をつきにくくする効果があります。
☆ ハチミツ
ハチミツにも脂肪燃焼効果があります。
脂肪燃焼を促してくれる食べ物で「食べながら脂肪を燃やす」方法をおすすめします。

自分でリンパのマッサージしてむくみを取ろう!

会社でデスクワークでの座りぱなし、立ちっぱなしの仕事で脚がパンパンに
なっている人も多いと思います。
むくんだ脚を家に帰って自分でリンパマッサージをしている人もたくさんいますね。
リンパマッサージを足先から心臓に向けてただ流しているというやり方ではありませんか?
そのやり方はもったいないのです。やるなら効果の出る方法でやりましょう。
効果のあるやり方はどんなやり方なのでしょうか?
エステシャンがおすすめしている自分でするリンパマッサージで外せないポイントを
5つご紹介します。
① 足の裏から始めます。
脚がむくんでいるということは、足の裏にも老廃物が溜まっています。
足裏をほぐし血液循環をよくしてください。これからするリンパマッサージの
効果が上がります。
② 足首からふくらはぎをほぐしましょう。
流れが悪い場所というのは関節の多い場所です。くるぶし周り内側と外側をくるくると流して
足首の上のマッサージをしましょう。
③ すねの外側も念入りにしましょう。
すねの外側には「三里のツボ」あり、むくみに効くので念入りにマッサージしましょう。
④ 経路を流します。
脚の表と裏側にある経路を流しましょう。
⑤ 全体を流します。
全体を流し仕上げます。

ヨーグルトを食べて「美腸」になろう!

ヨーグルトは、ダイエットや便秘の解消や免疫の向上にも
良いと言われています。
ただ何となく食べていても十分な効果は得られません。
ここでは効率よく「美腸」になるための正しいヨーグルトの
食べ方をご紹介します。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は
悪玉菌の増殖を抑えたり腸内に病原菌が入りこむのを防いだり
腸内環境を健康に保ってくれます。
腸内環境が悪いと便秘、ぽっこりお腹、肌荒れ、むくみや
太りやすい体質になってしまいます。
「美腸」腸が美しくなれば代謝が促進されて痩せやすい体質に
なります。肌もきれいになります。
正しいヨーグルトの効果的な食べ方は?
腸の働きと栄養学の面から見ると、夜に食べるのが
いちばん効果的です。
夜は腸が最も活動的な時間であなたが、寝ている間に
成長ホルモンを分泌したり、骨を作ったり、胃腸の消化を促したり
と動き続けています。
夕食時に食べて遅くても22時までには食事を済ませて下さい。

ナッツのダイエットと美容の効果

ちょっとお腹が空いた。でも今はダイエット中、そんな時に
助けてくれるのが、「ナッツ」です。
栄養素がぎゅっと詰まっているナッツには老化防止とホルモンバランスを整える
豊富なビタミンE、ダイエットを助けてくれるカリウムや亜鉛そしてカルシウムなどが
含まれています。
おやつとして食べるなら、食べる量はだいたい手で一掴み分にしてください。
塩や、バターで味付けしてあるナッツはNGです。”素焼き”のナッツを選んでください。
☆ ビタミンEで脂肪燃焼のアーモンド
アーモンドのビタミンEの含有量は、食品の中で一番と言われ、お肌を若々しく保って
若返り効果が期待できます。
☆ 便秘改善とストレス解消のクルミ
クルミには食物繊維が豊富に入っているので便秘を改善してくれます。
ストレスを感じさせるホルモンを低下させる栄養素が入っているので
ストレス状態やうつ状態を緩和してくれます。
☆ オレイン酸が豊富で疲労回復効果のカシューナッツ
オレイン酸が悪玉コレステロールを排出してくれ、便を柔らかくして
便秘改善の効果があり疲労回復にも役だちます。
ナッツは、お腹の空いた時の栄養のあるおやつになります。
美容効果もあるのでダイエットにおすすめです。

そのブツブツは角栓のせい?気になる角栓ケアとは?

鼻のぷつぷつとした毛穴、気になりますよね。
それは、皮脂と角質が混ざって角栓となったものです。
角栓が取れにくい原因はなんなのでしょうか?
すっきりとした鼻を目指すケア方法をご紹介します。

そもそもなぜ角栓は取れにくいの?
取れているのに、またすぐ角栓が出来てしまっているタイプの方と、洗顔方法の間違いによりまったく取れていないタイプの方の2タイプに分かれます。
では、角栓を取る正しいケアとはどのようなものでしょうか?

角栓を取る正しい洗顔とは
洗うときはぬるま湯で、充分にあわ立てた洗顔フォームをやさしく滑らすように洗います。
ゴシゴシ洗いは肌を傷つけますし、熱すぎるお湯は余計に皮脂を分泌させます。

正しいスキンケアも重要
洗顔後は毛穴がきれいでも開いている状態なので引き締め効果のある化粧水などで毛穴を引き締めましょう。
それにより清潔な毛穴を長く保つことが出来ます。

いかがでしたか?この方法で角栓とさよならしちゃいましょう!