寝る前に食べて”痩せる体質”を作ろう

寝る前に食べると寝ている間に”痩せ体質”を作ってくれるという
とても嬉しい魔法のような食材をご紹介します。
”痩せ体質”になれると聞いたら誰でも”痩せ体質に”なりたいですね。
”痩せ体質”になるには、習慣がとても大切なのです。
毎日食べる”食事”で体質を変えれることができます。
夜は寝る前に食事をすると太るといわれていますが、
寝ている間の体の働きとその食材が持っている効果の上手な組み合わせで、
太ることなく痩せやすい体質になるよう促してくれます。
☆ ヨーグルト
ヨーグルトの乳酸菌は、整腸作用があり夜にヨーグルトを食べると寝ている間に整腸作用が
高まって不要な老廃物を外に出す準備をしてくれます。
☆ はちみつ
はちみつを夜に食べると、肝臓に適度な糖質が蓄えられ肝臓の糖質が脳に成長ホルモンの分泌を
促してくれてその成長ホルモンには脂肪を燃焼する働きがあります。
☆ バナナ
バナナに含まれているアミノ酸には、成長ホルモンを活性化させる働きがあり成長ホルモンは
脂肪を燃焼させてくれるので、夜にバナナを食べるとはちみつを食べるのと同じ効果が
得られます。